疲労倦怠感で動きたくない、食べたくない 大阪 住吉区 さくら鍼灸院 

精神的・身体的な疲労倦怠感

・急性・慢性疾患では、程度の差はありますが、精神的・身体的な疲労倦怠感があります。

 

・病院では何の異常もないのに、からだが思うように動かないしんどさはありませんか?

 

・食欲がない、薬も効かないまたは、処方されない状態で、自分のからだがどうなってしまったのか不安にとらわれ、皆さん来院されます。

 

・中医学的には、以下のような症状が分類され、原因がわかれているため、治療の方針が立てやすくなります。

 

  • 全身の倦怠感、無力感、元気が出ない、しゃべるのもおっくうで、食欲もなく軟便気味、からだの熱感、発汗、発熱。
  • からだが重い、口が苦い、軟便、胸や腹が張る、食欲不振、尿が少ない、舌の苔が厚い
  • 疲労倦怠感強く、息切れ、声に力がない、めまい、汗ばむ、動悸、手足のしびれ

 

・盛夏の厚い時期に発症する暑邪によって、気やからだの水(津液)を消耗するために起こることもあります。

 

・過度の疲労や暴飲暴食により、脾が虚してしまい、消化能力の低下から水湿が停滞したために、湿邪の重い性質のために、全身の疲労倦怠感や無力感が生じる。食慾不振や軟便などの脾虚の症状があらわれる。

 

 

・病後、慢性病、生まれつきの虚弱さなどで気血が不足して、栄養状態が低下してしまい、気血不足の症状がみられる状態。

 

湿邪は気を停滞させ、暑邪は気を消耗するので、夏の暑邪では病気でもないのに、強い疲労倦怠感が生じます。

いわゆる、「夏バテ」ですね!

 

飲酒や冷たい飲み物の飲み過ぎ、食べ過ぎなどで、胃腸を疲れさせてしまうと、このような倦怠感が急にあらわれることがあります。

 

早めの施術で回復しますが、あわせて生活習慣の改善もしっかりとしていただきます!!

 

女性特有の症状でお悩みの方は、ぜひ、ご相談ください!

多くの女性が帝王切開や婦人科のオペで、からだにメスを入れてしまうことをとても残念に思っています。

 

私自身、危うく第一子を出産の時にアメリカで帝王切開になるところでした。

しかも、妊娠がわかって1週間もしないうちに、ホルモンのバランスが崩れたためか、

まったくなかった卵巣嚢腫が15cmまで大きくなり、妊娠12週目に膿腫の摘出オペをしたのです。

 

やっと、授かった子供に麻酔の影響はないのか?

腫瘍は悪性ではないのか?

とても、心配でした。

 

影響はないと言われた痛みどめの薬も飲まず痛みに耐えて夜を過ごしました。

とても元気な娘が誕生したときは、心底ホッとしました。

 

妊娠までを振り返れば、いろんな原因が考えられました。

知っていれば病気にならずにすんだのにと、悔やまれますが、

自分の経験がこれからの若い女性たちの力になればと思います。

 

女性鍼灸師があなたの疑問にお応えします!

トップページをご覧くださいね。⇒ こちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加