ぎっくり腰で動けない時には鍼灸で! 住吉区 さくら鍼灸院 

先日から、ぎっくり腰の方が数名いらっしゃいました。
通常は、6月のエアコンをつけた頃から増えてくるのですが、、。ぎっくり腰だけでなく肩甲骨、背中に急な痛みが出る方も増えています。
これって、その部位に異常があると、皆さん勘違いされますが、実は、どの経絡上の筋肉が問題なのか?をしっかり診ていきます。

 

どの臓腑の経絡に異常がでているのかがわかれば、ピンポイント原因を問診していきます。

ぎっくり腰の前日に、何をどのくらい食べられたのか?
普段と違う動きはなかったのか?
からだを冷やしたり、湿気た場所に長時間いなかったか?

お腹いっぱい食べる外食の機会があったり、
消化の悪い、肉や脂っこい食事であったり、
夜遅くにのみすぎ食べ過ぎしてしまったり、
仕事の過労、睡眠不足、怒り過ぎがあったり、
食生活や日常生活、感情の起伏など、
いろんな観点から原因をさぐると、
あっという間に発見できますよ。

 

早く痛みが取れるのは、原因を取り去る施術を心がけているからですねん。からだは正直です!!

女性特有の症状でお悩みの方は、ぜひ、ご相談ください!

多くの女性が帝王切開や婦人科のオペで、からだにメスを入れてしまうことをとても残念に思っています。

 

私自身、危うく第一子を出産の時にアメリカで帝王切開になるところでした。

しかも、妊娠がわかって1週間もしないうちに、ホルモンのバランスが崩れたためか、

まったくなかった卵巣嚢腫が15cmまで大きくなり、妊娠12週目に膿腫の摘出オペをしたのです。

 

やっと、授かった子供に麻酔の影響はないのか?

腫瘍は悪性ではないのか?

とても、心配でした。

 

影響はないと言われた痛みどめの薬も飲まず痛みに耐えて夜を過ごしました。

とても元気な娘が誕生したときは、心底ホッとしました。

 

妊娠までを振り返れば、いろんな原因が考えられました。

知っていれば病気にならずにすんだのにと、悔やまれますが、

自分の経験がこれからの若い女性たちの力になればと思います。

 

女性鍼灸師があなたの疑問にお応えします!

トップページをご覧くださいね。⇒ こちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加