住吉区 さくら鍼灸院 どうしよう!逆子にはお灸を!!

あきらめないで!逆子のお灸をやってみよう。

逆子と診断されたら無事に出産できるかどうか本当に不安になりますよね。

 

できれば、お腹は切りたくない~!帝王切開は避けたいというのが妊婦さんの本音だと思います。

20週の後半から、「逆子です」と言われ、このまま順調に出産を迎えられると思っていたのにと、慌てて逆子体操をしたり、逆子治療ができる鍼灸院を探したりとネット検索で情報を集める方も多いと思います。

 

何も対策を知らずになすすべもなく、初産から帝王切開になると、二人目、三人目も帝王切開になる可能性が高いので、できる限り正常分娩で出産していただきたいと思います。

でも、まれに子宮の奇形や筋腫があったり、へその緒の巻きつきなどあれば、逆子の方が安全だということもあります。

 

 

または、妊娠中のお母さんの負担が大きくて、赤ちゃんも苦しんでいる場合のサインとして現れているのかもしれません。

 

 

ぎりぎりまで仕事をしている方、上の子がいたり、出産準備に向けて、動き回っている肩も逆子になる確率が高いので、赤ちゃんからすれば、もっと私のことを考えて!というサインであるかもしれませんね。

 

32週を越えて来院される方もいらっしゃいますが、最後まであきらめず自宅でのお灸をされたり、冷えた下半身を冷やさないように努力されていると、ゴロッとひっくり返り、無事に出産を迎えられています。

 

子宮が温かくなると柔らかくなり、赤ちゃんの動きやすい環境ができるからですね。

 

この時に、お母さんが動きすぎてしまうとひっくり返る機会を逃してしまいますので要注意です!!

 

普通分娩は当たり前のようですが、昔からお産は命がけと言われるように、無事に産まれるということは自体、奇跡的でありがたいことなんだと思います。

 

大半は分娩時までに自然回転し、頭が下の位置にきますので、分娩時に逆子の骨盤位であるのは、全体の3~5%と言われています。

32週目までなら、多くの方は逆子の鍼灸施術と養生指導で正常位に戻ります。

 

 

子宮の中を、赤ちゃんが居心地の良い環境にしてあげることがとても大切です。

 

出産までのわずかな間ですので、赤ちゃんの誕生を心から祈り、向き合い、いまできることをしてあげてくださいね。

 

がんばり過ぎ、無理のし過ぎ、からだを冷やし過ぎ、動きすぎ、スマホで目の使い過ぎの方が多いので、からだを温かくして安静にしてお過ごしくださいね。

 

中医診断では原因として

  • 気滞-ストレスによる気の停滞のために赤ちゃんの動きも悪くなり転位が阻害されている方
  • 脾湿-消化器の働きが衰え肥満傾向でむくみやお腹の膨満感がありる方、筋肉にしまりがなく、身体が重く感じる方
  • 気血両虚-やせ型や肥満傾向で息切れや疲労感、元気がなく無気力感のある方

それぞれの症状と原因にあった治療をいたします。

逆子と診断されたら、一日も早くご来院ください。

 

新しい命を母子ともに元気でお迎えする準備を一緒にさせていただきます。

 

初産婦の方、経産婦の方、専業主婦の方、お勤めの方、シングルマザーの方、それぞれの環境の中で一生懸命生きている皆様が安産となりますよう応援させていただきます。

妊娠中のカラダのトラブル、精神的なストレスなども、子育て経験豊富な女性院長にお気軽にご相談下さい

★★★逆子の患者様の声はこちら

女性特有の症状でお悩みの方は、ぜひ、ご相談ください!

多くの女性が帝王切開や婦人科のオペで、からだにメスを入れてしまうことをとても残念に思っています。

 

私自身、危うく第一子を出産の時にアメリカで帝王切開になるところでした。

しかも、妊娠がわかって1週間もしないうちに、ホルモンのバランスが崩れたためか、

まったくなかった卵巣嚢腫が15cmまで大きくなり、妊娠12週目に膿腫の摘出オペをしたのです。

 

やっと、授かった子供に麻酔の影響はないのか?

腫瘍は悪性ではないのか?

とても、心配でした。

 

影響はないと言われた痛みどめの薬も飲まず痛みに耐えて夜を過ごしました。

とても元気な娘が誕生したときは、心底ホッとしました。

 

妊娠までを振り返れば、いろんな原因が考えられました。

知っていれば病気にならずにすんだのにと、悔やまれますが、

自分の経験がこれからの若い女性たちの力になればと思います。

 

女性鍼灸師があなたの疑問にお応えします!

トップページをご覧くださいね。⇒ こちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加