住吉区 さくら鍼灸院 更年期障害のつらい症状、あきらめないでください!

このような更年期の症状はありませんか?

  • ホットフラッシュ、ほてり、のぼせ感覚、発汗、熱感
  • 頭痛、めまい、耳鳴り
  • 精神不安定状態、不安、うつ症状、不眠、落ち込み、イライラ
  • 肩凝り、五十肩、腰痛、手のこわばり
  • 嘔吐、吐き気、下痢、便秘、肥満、体重減少
  • 月経不順、記憶力の低下、動悸、冷え性

女性の閉経年齢は50歳前後と言われています。

更年期とは閉経10年前から閉経後5年の期間を指す、

と言われ、この時期の不定愁訴を更年期障害と呼びます。

 

個人差はありますが、更年期のこの時期には、

卵巣の機能低下に伴うエストロゲン減少と、

社会的、環境、個人要素などが複雑に絡み合います。

 

器質的には問題がないにもかかわらず、

自律神経失調を中心としたいろんな不定愁訴がでてきます。

 

病院で検査をしても異常を認められないときは、更年期障害と考えられます。

 

身体の機能低下、自律神経の失調、ホルモンバランスの崩れなど、大きく変化がある時期です。

 

 

それだけでなく、男性・女性ともに仕事においては責任が重くなってくる時期でもあります。

 

また、家庭においては思春期の子供の反抗期や受験、親の介護など、ストレスがいくつも重なります。

 

更年期障害は1年から数年続きますが、多くは老年期に近づくとともに軽くなっていきます。

 

鍼灸施術は更年期を乗り越えるための、副作用のない安心・安全な方法のひとつです。

若返り効果、エイジレスの効果があります。

 

 

更年期障害の患者様の声はこちら

更年期障害の原因はなんでしょうか?

更年期障害のつらい症状でお困りの方は、抜け道のない迷路に迷ってしまったような不安に、時折、陥られているのではないでしょうか。
virus_zutsuu西洋医学では、更年期障害における自律神経の症状は、交感神経あるいは副交感神経の失調症状と言われています。

 

例えば、更年期によくみられる不眠の場合、通常は夜になると副交感神経が優位となりリラックスして眠りにつきます。

 

ところが、更年期障害では夜になっても副交感神経が優位とならず、不眠を訴えやすくなるのです。

 

utsu_woman自律神経の乱れから起こる更年期障害の症状は、体のいたる所にあらわれて、あらわれる症状も人によってそれぞれの弱い部位に出るため様々です。

内科、婦人科、整形外科、眼科、耳鼻科と原因がわからないために症状別に病院をかけもちしている方は一度、何が問題なのかをご相談くださいね。

 

閉経が近づくにつれ、女性ホルモンの分泌量が減少し、卵巣機能が低下します。これは、誰でも迎える自然な生理的な変化ですが、体調を崩さないための心がけもあります。

更年期障害の原因はなんでしょうか?

  1. 几帳面で責任感が強い人
  2. ストレスが多い人、ストレスを受けやすい人
  3. 不規則な生活習慣の人
  4. 食生活が良くない人
  5. からだが冷えている人
  6. 気・血・水のめぐりが悪い人

seikatsu_syukan_woman_bad

人の体は、良くない生活習慣や度重なるストレス、複雑な環境などが原因で、気・血・水の流れにとどこおりが起きます。

気の流れ、血流、水の流れをよくするためには、からだを冷やさないこともとても大切です。

 

特に下半身体が冷えることで、いろんな症状が現れます。

更年期障害もその1つです。

ふくらはぎの浮腫みが年々ひどくなっていませんか?

水が停滞している部位は特に冷えやすくなります。

この冷えを東洋医学では、病の根本原因の大きな一つと考えています。

komatta_woman

根本原因のひとつである「冷え」を取り除くためには、鍼灸治療とともに生活習慣を見直すことがとても大切です。

「冷え」は気が付かない間にだんだんと身体に溜まっていきます。

短期間の間に溜まるものではなく、長期間で溜まった冷えを追い出すのは、お灸が得意とするところです。

 

はりとお灸で身体の芯の冷えを取っていくことで体質が改善され、悩まされている更年期障害の症状が徐々に和らいでいきます。

 

気血のめぐりを整えると、体の機能が回復していきますよ。happy_woman4また、治療により気血の流れが整うことで、精神安定にもなりますよ。

 

 

心と体が元気になる鍼灸治療は、更年期障害にとても適した治療法です。

自分の病はなかなか治らないとあきらめずに、ぜひ一度ご相談ください。

更年期障害の治療

当院では、心身の両面から個人の素体(元から持つ体質)

に合った最適な治療方法を提案いたします。

 

生活指導面、精神面でのサポートもさせていただいております。

 

院長自身、あらゆる症状を更年期を通して経験しており、

鍼灸施術の効果をとても実感しています!!

 

 

西洋医学治療方法は以下のものが主にあります。

 

a. ホルモン補充療法

b. 向精神薬  抗うつ薬、抗不安薬など

c. 漢方療法、鍼灸治療

d. 精神療法、カウンセリング

 

当院では、鍼灸と整体、必要な方には、カウンセリングを行います。

 

また、この時期に大切なことは、睡眠の質を良くすることです。

睡眠の質を上げる方法

不眠気味の方は、眠りを妨げる生活をしているかどうか、下記の項目をチェックしてくださいね。

  • 寝つきが悪い
  • 何度も目が覚める
  • 朝起きた時から疲れている
  • 寝る前に飲んだり食べたりすることが多い
  • ストレスが多い生活をしている
  • ベッドに入ってもあれこれ悩んでしまう
  • 室温、騒音、照明など寝室環境が問題
  • 午前零時を回ってから寝ることが多い
  • 睡眠時間が不規則
  • スマホやテレビを直前まで見ている

チェック項目が多い方は要注意です!

 

東洋医学的には、簡単に言えば、気血の流れが停滞し、からだの中にどんどん邪気が蓄積されていく状態と言えます。

 

気血の流れが悪くなることで、からだに不必要な老廃物等や悪い〝気”が溜まります。

 

また、生活習慣の悪さも加わり、運動不足、暴飲暴食なども原因で五臓六腑のバランスが崩れてしまいます。

 

空腹に近い状態で、零時前から6時間は眠りたいですね!!

女性特有の症状でお悩みの方は、ぜひ、ご相談ください!

多くの女性が帝王切開や婦人科のオペで、からだにメスを入れてしまうことをとても残念に思っています。

 

私自身、危うく第一子を出産の時にアメリカで帝王切開になるところでした。

しかも、妊娠がわかって1週間もしないうちに、ホルモンのバランスが崩れたためか、

まったくなかった卵巣嚢腫が15cmまで大きくなり、妊娠12週目に膿腫の摘出オペをしたのです。

 

やっと、授かった子供に麻酔の影響はないのか?

腫瘍は悪性ではないのか?

とても、心配でした。

 

影響はないと言われた痛みどめの薬も飲まず痛みに耐えて夜を過ごしました。

とても元気な娘が誕生したときは、心底ホッとしました。

 

妊娠までを振り返れば、いろんな原因が考えられました。

知っていれば病気にならずにすんだのにと、悔やまれますが、

自分の経験がこれからの若い女性たちの力になればと思います。

 

女性鍼灸師があなたの疑問にお応えします!

トップページをご覧くださいね。⇒ こちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加