風邪に抗生物質は効くの??

風邪を引いて病院にいくと抗生物質を出されることが多いですよね。

 

厚生労働省が作った薬の使用指針では「風邪(感冒)に抗生物質は使わない」と書かれています。

風邪と抗生物質、実際はどうなんでしょうか?

 

風邪をひくと熱が出ます。

この発熱はウィルスの活動を弱めるために体が反応して熱を出しているんです。

体が風邪と闘ってる反応です。

 

一般的な風邪薬は熱を下げる作用を持っています。

風邪ですぐに風邪薬を飲んで熱を下げることは、体と風邪との闘いを妨げることにもなります。

 

風邪薬を飲んですぐに風邪が治った人は、免疫力、抵抗力が強く、薬による解熱とともに治ったような気がしているだけかもしれません。

 

もちろん、お年寄りや体力の弱い人は、風邪が治らず熱のでない肺炎になりますので注意が必要です。

 

風邪をひくとすぐに抗生物質を飲む人もいますが、風邪というのはウィルスが原因で発症します。

でも、抗生物質は細菌には効きますがウィルスには全く無効なんですね。

鍼灸や漢方では、身体の自然治癒力を高めて風邪を治すという考えです。

 

 

風邪のひき初めは体の表面から始まり、身体の深いところに入っていくと考えられます。

患者さんの体力や病の深さ、寒熱、虚実に合わせて治療をしていきます。

 

・風邪の高熱でも、寒さがどの程度きついのか?
・布団を被ってもガタガタ震える寒さなのか?
・肌寒い程度の寒さなのか?

・熱くて水をガブガブ飲むのか?
・汗は出ているのか、出ないのか?
・寒気と熱さが交互にくるのか?
病の深さによって鍼灸や漢方では治療法がかわります。

解熱剤や抗生剤を飲む前に、なぜ風邪を引いたのか、どんな症状なのかを少し考えてみてくださいね。

 

もちろん、寒さがきつければ温める食品を取ったり、身体を温めて汗や便を出すと解熱しやすくなります。

とにかく熱くて喉の渇きがきついときは、アイスノンで冷やし、しっかり水分補給をして熱を下げます。

 

ややこしいのは風邪を引いて数日経ちこじらせた場合です。

寒熱往来といって、寒さと熱さが交互にやってきます。

風邪の引き始めを察知して、こじらせる前に対処出来れば一番軽くて早く治りますよ。

少し悪寒があり、肩がこり、首筋や背中が強張ってきた時も風邪の引き始めの可能性があります。いわゆる葛根湯証です。

インフルエンザで寒気がキツく高熱が出て身体の節々が痛む場合は、麻黄湯という漢方薬も病院で出されることもあります。
寒さが和らいだ時に油断しないように、下半身冷やさないでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加