奔豚気(ほんとんき)突然倒れて救急車で運ばれてしまいました。

先日ご来院の26歳の素敵な女性。

真面目で几帳面な性格で金融関係にお勤めです。

お母さんの付き添いで来院されました。

 

普通に仕事はできているのに、職場で数回倒れてしまい救急車で運ばれてしまったとお話を伺いました。

 

倒れる前には、冷や汗がでて、手足が冷たくなり、お腹の気持ち悪さが上に上がってきたようになって、気を失うという症状です。

中医学では奔豚気(ほんとんき)と言われる症状に似ています。

 

下腹部から塊状のものが上方に昇っていく感覚で、間歇的に発生します。

 

塊状のものが胸やのどに上昇する勢いが子豚が奔走するようであることから、「奔豚気」と呼ばれるようです。

 

原因は感情の抑うつや、考えすぎ、恐れや驚きなどマイナスの感情から肝気が鬱結し、熱化した気が上逆して引き起こすようです。

 

普段からイライラ、怒りっぽい、抑うつ感、胸苦しさ、ため息、胸や脇が張るなどの症状がある方は、怒り、恐れ、驚き、悩みなどにともなって突然に発作が生じます。

 

下腹部から塊状のものがつきあげる感覚の発作が引き起こされます。

 

・普段から不安や心配事を考えすぎたり、過緊張な仕事環境であることが原因ですね。

 

また、冷たいもの、甘いものを摂り過ぎても脾が弱り、むくみや食後の眠気などの症状が普段からでてしまいます。

 

冬のあいだ、仕事中も、夜にふとんに入っても、かなり足が冷たかったようで、腎も弱ってしまい、不安感も増してきたのだと思います!

 

食生活や冷え対策、日頃の取りこし苦労や未来のことを思い悩まない事などをお伝えさせていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加