大阪国際女子マラソン 松田瑞生選手おめでとうございます!

 

28日の大阪国際女子マラソンはご覧になりましたか?

地元、住吉区の長居陸上競技場でゴールをされた松田瑞生さん22歳の活躍は素晴らしいですね! 

同じ住吉区の住民として、とても嬉しく感じましたが、

なんと!!

鍼灸師のお母さんが彼女の治療をされていて、大会の前にもはり・きゅうの治療でコンディションを整えていたそうです。
あの腹筋の割れ!

やわらかい上質の筋肉!

強くて明るいメンタル!!

 

世界一のお母さんの愛情と、日頃の鍼やお灸などで内臓を含め全身の状態を常に最高に保てるように施術された賜なんだと思いました。

スポーツと鍼灸(はり・きゅう)施術の効果

スポーツ選手は毎日のコンディションを整え、パフォーマンスを上げることが大切です!

 

ただ鍛えるだけでなく日頃からストイックな生活習慣を作り、マッサージや鍼灸で疲れたからだをリセットすることが超重要なんですね。

 

私たちもこまめに身体の異常に気づけるように、普段から気をつけていきたいですね。

 

足三里へのお灸は胃の働きを良くし、足腰を丈夫にすると昔から言われています。

 

からだの歪みや異常を元の状態に戻すことが、今後起こりうる病気やケガから自分の身体や家族の健康を守ることになります。

 

ただし、神経質すぎる方、自分の身体の痛みや不調を普段から気にし過ぎてしまう方は、少しおおらかに、自分の外側にも目を向けるようにしてみてくださいね。

 

節分前の寒い時期は特に体調を崩す方が増えています。

不調になる前に早めにキャッチして対処していきましょう。

 

来月もポジティブなマインド良い生活習慣身に付ける努力をがんばって、寒さや病魔を撃退してパワフルに行動していきましょう~!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加