鍼灸に副作用はありますか?

写真

はり・きゅうはツボを刺激して、

くずれた身体のバランスを整えていく治療です。

 

現代医学の薬のような副作用はほとんどありません。

 

 

治療後に一時的に溜まっていた疲れが、

緊張が緩むことで、一気に眠気が出ることや、

 

ごくまれにですが、瞑眩(めんげん)といって、

倦怠感や少し症状が悪化するような、

症状が出ることはあります。

これは副作用ではなく、

好転反応ととらえています。

 

鍼灸は自然治癒力をアップさせます

身体は良くなろうとするときに、

副交感神経が優位になり、

心地よいだるさを感じたりすることもあります。

 

からだをゆっくりと休めることで

治療後の回復が早まりますよ!

乳児からこども、高齢の方まで、

安心して治療をお受けいただくことができます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加