治療後の痛みの変化は個人差がありますか?

写真

慢性の腰痛や肩こり、膝や股関節の痛みなど、

鍼灸治療の後に痛みを増すことがあります。

これは、

慢性的に硬くなった筋肉の血行が悪くなっていたために、

痛みを感じていなかった場所が、

治療により血行が良くなり、一時的に

痛みやコリを感じるようになったためです

 

痛かった部位の痛みが消えて、

ちがうところに痛みがあらわれることもよくあります。

 

一番痛かった場所が楽になると、

二番目に辛かった場所が痛みを訴えはじめます。笑

 

これは、治療効果が出ている証拠です。

1週間のご来院が、2回、3回の方は、

はやく症状の改善がみられることが多く

 

来院の間があいてしまうほど、

自分の姿勢や生活習慣や考え方、

感情の起伏などにより

もとの体質に戻りやすくなります。

 

ひと月から3か月のサイクルで、

自分のからだの声に耳を傾けることにより、

 

しだいにバランスのとれた健康体を維持することが、

できるようになりますよ!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加