はりは初めてで怖いイメージがありますが、大丈夫ですか?

写真

鍼(はり)の太さは、

髪の毛ほどの細いステンレス製で

痛みもほとんどありません。

(長さ約15mm40mm

太さ直径0.14mm0.25mm)をツボに刺入します。


刺入方法は、主に鍼管という筒を使い、

無痛で刺入します。

直ぐに抜く方法と、

1020分間置いておく場合があります。

 

その他、どうしても、はりが怖いとおっしゃる

敏感な方には、刺入せずに

皮膚に触れるだけの治療法もあり、

敏感な方や、妊婦さんへの施術に使います。


また、同じく刺さないはりは、

小児や乳幼児の解熱、夜尿症、夜泣きなどの

治療に使います。

来院時にご説明させていただき、

ご自身にあった治療をさせていただきますので、

ご安心ください。

 

 

 

超敏感タイプの方と鈍感タイプの方

私自身、敏感なタイプですので、

痛い鍼、太い鍼は正直なところ苦手です。

ですので、いきなりブスッと刺したりは

いたしませんので、ご安心ください。

 

超敏感タイプの方は

色白で肌のきめが細かい方に多く、

少しの刺激でも、効果が出る方が多いです。

ですので、経絡上のツボに対して、

皮膚への軽い刺激だけでも効果が表れます。

 

首筋、腹部、下肢の緊張なども

一瞬で緩んでしまう方もおられます。

 

逆に、痛みに鈍感で強い刺激を好まれる方もおられます。

当院では、局所に鍼をたくさん打つという慰安鍼は、

特別必要なければいたしません。

全身治療ですが、使用する鍼は、

数本でも効果がありますので、ご了承ください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加