首の傾きと肩の痛み、アレルギーと慢性疲労

before画像

まっすぐのつもりでも、肩の線はまだ歪んでいます。

after画像

治療後はまっすぐに立てるようになってきました。

整形外科では原因がわからなくて

筋肉注射や電気治療、マッサージ、牽引、薬などを試されましたが、ほとんど回復せず来院されました。

治療の方法がなくて、どんどん悪化していく中で、当院を受診されました。

詳しい問診の段階でいろんな原因が見えてきました。

 

発症から4年前の妊娠前後からしっかり問診をとりました。

妊娠中のつわりから食事がまともに摂れず、冷たい飲み物(コーラ)とわずかな食事をされていました。貧血もあった上に、出産時に大量の出血があったそうです。

 

また、仕事も再開されながら、完全母乳を3歳まで続けておられました。

授乳自体が血を消耗することになるため「血虚」がどんどん進んでしまったようです。

 

血虚になると筋肉を養えない上に、普段の食生活の悪さから軟便、下痢が続いていたため、栄養を吸収できない状態が続いていました。

運動不足もあり、下半身の気が虚していました。

 

仕事の姿勢がからだを傾けてしまうため、左右の背筋の差がとても大きく、気の偏りの原因になっていました。

 

発症前には、長時間の勤務や遠方への旅行、抱っこなど子育ての疲労が重なり、首が徐々に左に向いてしまうようになり、人目にもわかるくらい傾きがひどくなりました。

 

8月はさらに悪化して途方に暮れていたところ、当院を紹介されて来られました。

前を向こうとしてもすぐに、ななめ上に向いてしまうため、

振るえるような動きになりかなり辛そうでした。

肩も腰のラインもねじれた状態でした。

 

夏にサンダルと素足で過ごされていたためか、下肢はとても冷えていました。

どこに行っても治らず、鬱っぽくなり仕事もやめようかと悩んでいたところ、来院されました。

 

 

1回目の治療から効果を感じられ、信じられないくらい楽になったとお喜びでした。

 

 

8月中は、用事がないとき以外は横になっていて動けなかったそうです。

車の運転も前を見れるようになりました。

お腹の調子もとてもよくなりました。

 

10診目では、頭や首に力を入れなくても、前を向いてほぼ静止できる状態になりました。

 

 

足の冷えや胃腸の不調もましになり、、鼻炎や生理痛も同時にましになりました。

でも、生活習慣が元に戻ってしまうと、首が悪化してしまいます。

(コーラ、冷飲、飲酒、スマホゲーム、香辛料のきつい食事、豚骨にんにくラーメン、足の冷え etc.)

 

食事や生活の見直しをされ、また、筋トレやストレッチを継続されてさらに良くなっておられます。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状のBeforeAfter

長引く風邪の咳と頭痛、食欲不振
  • このエントリーをはてなブックマークに追加